コスパ最強!Amazonプライムビデオの魅力と実際に体験して気づいた弱点

プライムビデオ amazon video

数ある動画配信サービス(VOD)の中でも、もっともコストパフォーマンスに優れているのが「Amazonのプライムビデオ」です。

Amazonプライム会員なら月額約400円で1万本以上の映画が見放題になります。

さらにAmazonの他のプライム特典(お急ぎ便や配送料無料など)もつくので、超盛りだくさんなサービスとなっております。

この記事ではアマゾンプライム会員歴3年以上の管理人が、プライムビデオを使い倒して分かってきた魅力や弱点について詳しく書いていきたいと思います。

プライムビデオの6つの魅力

まずはプライムビデオを使って分かった6つの魅力を一つずつ紹介していきます。

魅力1:コスパが最強・最高すぎる

Amazonプライムビデオはプライム会員なら追加料金無しで映画やドラマ、バラエティなどが見放題になるサービスです。

プライム会員は月額400円(税込み)から利用できます。年間プランだと3,900円なので月額換算で325円。さらに安くなります!

この月額でプライムビデオ以外にも18個ものプライム特典を受けることができるんです。

プライム会員特典の例
  • お急ぎ便無料
  • 送料無料
  • プライムミュージック
  • プライム・フォト
  • アマゾンパントリー
  • アマゾンフレッシュ
  • などなど。

正直プライムビデオがメインと言うよりも、それ以外の特典目当で加入した方のほうが多いのでは?

動画配信サービス単体で考えても、HuluやNetflixなどと比べても破格の安さですね。

サービス名月額(税込み)
プライムビデオ325円(年間プラン)
Hulu1,007円
Netflix1,200円(スタンダードプラン)
U-NEXT2,149円
dTV540円

まさにアマゾンプライムビデオはコスパの面で最強です!

魅力2:配信数7万本以上!無料で見れるビデオも多数

コスパが良かろうが見れる作品の質が悪かったら意味ないですよね。

この記事を書いている2018年10月5日時点でプライムビデオの全体作品数は70,000作品以上。その中でプライム会員が無料で見られるコンテンツの数はおよそ9,000本です。この数は毎月のように変わります。3万作品以上見放題の月もありました。

正直huluやNetflixと比べると見放題作品の数は少ないです。けれど月額400円ということを考えたらありえないほど充実した作品数です。絶対に元は取れると断言します。

ちなみにアマゾンプライムビデオには

  • プライム会員なら追加料金なしで見れる作品
  • 有料レンタルの作品

の2種類があります。

レンタル作品の価格は作品によって異なります。旧作は100円から200円前後が多いですね。新作は300円から500円程度が多いです。

ライバルの動画配信サービスであるhuluやNetflixは全作品が見放題ですが、その分「新作映画」には弱いです。

反対にプライムビデオはhuluやNetflixより見放題作品は少ないものの、有料レンタルではありますが新作映画に強いという強みがあります。

魅力3:オリジナル作品が面白い!

プライムビデオはオリジナル作品の配信もしています。

今の所バラエティー作品にかなり力を入れている印象があります。

  • ダウンタウンの松本人志さんの「ドキュメンタル」や「フリーズ」
  • ダウンタウン浜田雅功さんの「戦闘車」
  • 野性爆弾の「ワールドチャネリング」
  • 美女達が一人の男性を取り合う「バチェラー・ジャパン」

特に松本人志さんのドキュメンタルは超人気コンテンツの一つです。もちろんアマゾンプライムビデオでしか見ることはできません。

個人的には野性爆弾の「ワールドチャネリング」なんて好きだなぁ。独自の世界観が一度見ると病みつきになりますよ。

プライムビデオのオリジナル作品はかなり日本人にマッチしたラインナップになっている印象です。

魅力4:対応デバイスが豊富!

プライムビデオは様々なデバイスに対応しています。

  • パソコン
  • Amazon Fire TVおよびFire TV Stick
  • Fireタブレット
  • iOSデバイス
  • Androidデバイス
  • ゲーム機
  • テレビ/Blu-rayレコーダー/Blu-rayプレーヤー
  • Apple TV

またタブレットやスマホだと作品をダウンロードすることも可能です。見たい作品を予めダウンロードしておけば、出先で通信量を節約しながら高画質な映像を楽しむこともできます。

デバイス名画質ダウンロード
パソコンSD、HD不可
Amazon Fire TV(Stick含む)SD、HD、Ultra HD不可
FireタブレットSD、HD
ipad
iphone
ipod touch
SD、HD
Androidデバイススマホによって異なる
プレイステーション3
プレイステーション4
SD、HD不可
Nintendo Wii UHD不可
Apple TVSD、HD
UHD/HDR(Apple TV 4Kのみ)
不可

ちなみにChromecastはプライムビデオは非対応です。

プライムビデオを見るのにオススメのデバイスは?

これは圧倒的に「AmazonのFire TV Stick」ですね。

テレビのHDMI端子に差し込んでwifi接続するだけで見ることができます。

リモコンもついてくるしレスポンスもサクサクでとにかく快適!

プライムビデオだけでなくhuluやNetflix、AbemaTVなどほぼすべての動画配信サービスにも対応しています。

映画やドラマ、アニメが好きなら必須ガジェットの一つです。

詳しくはコチラを御覧ください。

AmazonのFire TV Stickって何ができるの?その魅力を熱く解説!人生を変える神ガジェットだ!
...

プライムビデオのデメリット

続いてプライムビデオのデメリットを見ていきましょう。

作品の配信が急に終わることがある

プライムビデオは作品の入れ替わりが激しいです。

映像会社との契約の問題があるのでしょうが、ずーっと同じ作品が配信されているわけではありません。

「明日ゆっくりみるかー」なんて思っていたら、次の日にはその作品が見れなくなっている……なんてことも。

また「無料配信」だったものが「有料配信」に変わることもしばしばあります。

これに関しては「30日以内にプライム会員特典ではなくなる作品」というページで確認できます。

この記事を書いている時点で「216作品」がプライム会員特典ではなくなることが分かります。

もちろんそれと同じくらいの頻度で作品も追加されるのですが、今まで見ていた作品が急に見れなくなるのは切ないです(汗)

作品の配信ページに「いつまで配信してくれるのか」を書いてくれたらもっと使い勝手が良くなるのになと思います。

字幕機能が物足りない

プライムビデオは字幕機能が物足りないです。

例えば「日本語の作品」には「日本語の字幕」は出ません。Netflixなんかは国内作品でも日本語字幕がでるので、その点プライムビデオは遅れています。

また「吹き替え」と「字幕」が違う作品扱いなので、見てる途中で音声を切り替えたり……みたいなこともできません。こちらもNetflixはできるのに残念な点です(ちなみにhuluもできません)

Fire TV(Stick含む)で見ると「レビュー」が表示されない

Amazonのユーザーレビューってなんだかんだ便利ですよね。私も商品を購入するときなどはよく参考にします。

プライムビデオの作品にも「ユーザーレビュー」の投稿はできるのですが、なんとFire TV経由でだとレビューが表示されません。

レビューを見たい場合はスマホかパソコンのブラウザ経由で見る必要があります。ネタバレなどを配慮してなのかもしれませんが、レビューを簡単に見れるようになったら、もっと使い勝手が向上するのに残念です。

なんだかんだ「有料」作品が多い

これに関しては重箱の隅をつつくような指摘ですが、新作映画やドラマの2話目は有料であることが多いです。

新作映画を気軽に見れるだけでもありがたいのですが、なんだかんだ課金してしまうと、結局コスパの良さを活かせません。

またドラマなんかも1話目は無料で2話目は有料なんていうのもあります。

無料作品をもう少し増やしてほしいなと思います。

まとめ

色々と不満点も書いてきましたが、現状コスパ面で見ると他の追随を許さない素晴らしいサービスです。

プライム会員になればビデオだけでなく送料も無料になるし、お急ぎ便やストレージサービス、音楽の聴き放題などもついてきます。

ここまでサービスが充実してると加入を迷うのがアホらしくなるレベルです。無料作品だけでみても年間10数本見れば元を取れるレベルですからね。

VODサービスのとりあえずの入門として大変オススメいたします。

ただやはりhuluやNetflixと比べると「見放題作品のラインナップ」や「オリジナル作品の数」に関しては明確に劣っています。

またプライムビデオは新作映画やドラマに関しては基本的に有料なので、課金しすぎるとコスパの良さを活かせないというデメリットもありますね。