【2020年版】Fire TV Stick買い方・選び方ガイド!結局どれを購入すればいいの?比較まとめ

Fire TV StickUncategorized

テレビで動画配信サービスを見る上で今や欠かすことのできないFire TVシリーズ。
Fire TV Stick 手に持ってみた
私もほぼ毎日愛用しております。まさに動画中毒!

ただ、現在Fire TVガジェットは3つのラインナップがありどれを購入すればいいのか分からない方が多いのではと思います。

そこで!

この記事では各Fire TV stickのスペックを比較して「どの機種が一番オススメ」かをズバリ決めたいと思います。

まずは結論から!Fire TV stick 4Kが一番オススメ!

まずは結論から書きましょう。

現状一番のオススメはFire TV stick 4Kとなります。

  • 動作がサクサク。
  • 4K・HDRに対応しており映像が鮮明でキレイ。

それでいて価格と性能のバランスが一番いいんです。

悩んだらFire TV Stick 4Kを買っておけば間違いありません。

2020年現在購入できるFire TVシリーズの比較表

2020年現在。Amazonで購入できるFire TVシリーズのラインナップは3つです。

Fire TV StickFire TV Stick 4KAmazon Fire Cube
イメージFire TV StickFire TV Stick 4KFire TV Cube
価格 ¥4,980\6,980¥14,980
サイズ85.9 mm x 30.0 mm x 12.6 mm99 mm x 30 mm x14 mm(86.1 mm x 86.1 mm x 76.9 mm
プロセッサクアッドコアクアッドコアヘキサコア
メモリ1GB1.5GB2GB
ストレージ8GB8GB16GB
音声認識リモコンありありあり
ハンズフリー機能なしなしあり
オーディオ Dolby AudioDolby AtmosDolby Atmos
映像最大1080p(HD)4K Ultra HD、HDR、HDR10、Dolby Vision、HLG、HDR10+4K Ultra HD、HDR、HDR10、Dolby Vision、HLG、HDR10+
Wi-Fiデュアルバンド、デュアルアンテナ802.11ac対応デュアルバンド、デュアルアンテナ802.11ac対応デュアルバンド、デュアルアンテナ802.11ac対応
イーサネット別売別売同梱
BluetoothBluetooth 4.1 + LEBluetooth 4.2/5.0 BLEBluetooth 5.0 + LE。
対応のBluetoothスピーカー、ヘッドフォンとのペアリングで使用可能。
USBポートなしなしHDMIポート
Micro USBポート
内蔵スピーカーなしなしあり
ASAP機能ありありあり
保証90日間限定保証付き1年間限定保証付き1年間限定保証付き
シリーズの簡単な違い
  • Fire TV Stick : 価格が一番安い。ただし画質はHDまで。
  • Fire TV Stick 4K : 4K・HDR対応!一番バランスが良い。
  • Fire TV Cube : 価格が高い。4K・HDR対応。ハンズフリー機能搭載。

各モデルの特徴まとめ

続いて各モデルの特徴をまとめていきたいと思います。

Fire TV Stick

Fire TV Stick

付属品
  • Fire TV Stick本体
  • Alexa対応音声認識リモコン
  • USBケーブル
  • 電源アダプタ
  • HDMI延長ケーブル
  • 単4電池2本
  • スタートガイド

Fire TV Stickは4,980円で購入できるエントリーモデルですね。

音声認識リモコンも最初から付属しておりますし、アレクサにも対応しておりますが、3つのラインナップの中で一番性能的には劣ります。

例えば1080p(HD)には対応していますが、HDRや4K動画には対応しておりません。

HDRはハイダイナミックレンジの略。従来の映像コンテンツ(SDR)に比べて、明るさや色合いが現実に近く、よりキレイでリアルな映像を再現できます。

また動作に関しても上位機種であるFire tv stick 4kやFire TV Cubeと比べると若干もっさりしています。

アプリの起動や画面のスクロールなどでちょっとした差があるんですよね。

ただ!もっさりといっても比較してやっと分かるくらいで、通常使用でストレスを感じるほどではありません。程よくサクサク動く感じですね。

このFire TV stickがオススメの方は

  • 4K動画には一切興味がない方
  • 価格重視の方
  • 旅行先や出張先でもFire TVを使いたい方

オススメですね。正直画質にこだわりがないのならこのエントリーモデルで十分ではあります。

Fire TV Stick 4K

Fire TV Stick 4K

付属品
  • Fire TV Stick 4K本体
  • Alexa対応音声認識リモコン
  • USBケーブル
  • HDMI延長ケーブル
  • 電源アダプタ
  • 単4電池2本
  • スタートガイド

現状一番オススメなのがこのFire TV stick 4Kです。

上で紹介したエントリーモデルと比べて4KやHDRに対応し、メモリやCPUなどが全てパワーアップしています。

そのため映像が綺麗だけでなく、非常にサクサクと軽快に動作します。アプリの立ち上げやコンテンツを選ぶ際の画面のスクロールなども快適そのもの。

使っていてストレスに感じる所がほとんどありません。

4K対応ということで4Kテレビを持ってないと意味ないと思われがちですが、動作が快適ってだけでもこちらの選ぶ価値はあると思います。

それに今後4Kコンテンツは間違いなく増えていくでしょうし、現在4K対応テレビを持っていなくても、今後買い換えるケースも出てくるでしょう。

長い目で見るならFire TV Stick 4Kを購入しておいたほうが後悔は少ないと思います。

Fire TV StickとStick 4Kの違いは?

もう少しだけ掘り下げてFire TV StickとFire TV Stick 4Kの違いを見ていきましょう。

違う箇所だけ表にまとめてみました。

Fire TV StickFire TV Stick(4Kモデル)
イメージ
価格 ¥4,980\6,980
サイズ85.9 mm x 30.0 mm x 12.6 mm99 mm x 30 mm x14 mm
プロセッサクアッドコア 1.3GHzクアッドコア 1.7GHz
メモリ1GB1.5GB
オーディオDolby AudioDolby Atmos
映像最大1080p(HD)4K Ultra HD、HDR、HDR10、Dolby Vision、HLG、HDR10+
BluetoothBluetooth 4.1 + LEBluetooth 4.2/5.0 BLE
保証90日間限定保証付き。1年間限定保証 付き

価格差は2千円ほどです。どちらも音声認識リモコンも付属しておりますし、アレクサにも対応しています。

一番の大きな違いは「動作のサクサク度」と「4k・HDR対応かどうか」です。

Fire TV stick 4Kのほうがスペックが高い分サクサクストレスなく動作します。アプリの立ち上げなども早いです。また4k・HDRに対応もしています。

4K作品はめちゃくちゃキレイですよ。

そうそうもう一点。Fire TV stickには標準の保証が90日しかつきませんが、Fire TV stick 4kは標準で保証が1年間つきます。

私はFire TV Stickは初代から今まで全機種所持しており、ほぼ毎日使っているヘビーユーザーですが、今までで一度も壊れたことはありません。

ただやっぱり保証がついていると安心ですよね。そういった意味でも標準の保証期間が長いFire TV stick 4kをオススメ致します。

わざわざ別売りの保証に入るのももったいないですしね。

Fire TV Cube

Fire TV Cube

付属品
  • Fire TV Cube本体、
  • Alexa対応音声認識リモコン、
  • 電源アダプタ、
  • 単4電池2個、
  • 赤外線(IR)延長ケーブル
  • Amazon イーサネットアダプタ
  • スタートガイド

※HDMIケーブルは同梱されていないので注意!


Fire TV CubeはいうなればAmazonが発売しているスマートスピーカーAmazon EchoとFire TV stickが合体したようなものです。

見た目からして違いますよね。cubeというだけあって四角いボディとなっています。

Stickとの一番の違いはリモコンなしで音声だけでコントロールできる点です(ハンズフリー機能)。

Stickも音声認識で色々と操作はできますが、あくまでもリモコンに話しかける必要があります。

Fire TV Cubeだとリモコンすら不要。遠くから「アレクサ」と呼びかけるだけで反応してくれるんです(もちろんリモコンは同梱されています)。

例えば「アレクサテレビをつけて」と呼びかけるだけでテレビがONになったり、音量の操作やコンテンツの検索などがリモコン不要でできます。

テレビを音声操作できるのは思いの外便利。未来的です。

また本体にcubeはスピーカーを内蔵しているので、テレビを付けなくても天気予報や音楽を楽しむこともできます。

「アレクサ!今日の天気は?」と話しかけるだけで天気を教えてくれたり、テレビを付けていたらテレビに天気の情報を流してもくれます。

スペックもFire TV Stick 4kより更に上がっており、さらにサクサク動作します。アプリの立上げや画面のスクロールもも早いです。

そうそう。Cubeには付属品にイーサネットアダプタがついているので、有線でのネット接続もできてしまいます。wifiが不安定なので有線で運用したい方やこれだけでも価値があるかもしれません。

欠点は価格と認識精度

ただ一つ欠点が。価格が1万4,980円もします。Fire TV stick 4kが6980円なので2倍以上も高い。

さらにテレビの近くに置かなくちゃいけないので音声認識制度もぶっちゃけそこまでよくありません。テレビを付けているときなんか「アレクサァァ!!」と若干超えを張り上げないと認識してくれないときが結構あります。

これだったら普通にリモコンで操作したほうが楽だなぁと思わなくもない。

なぜかFire TV CubeだけHDMIケーブルが同梱されてないので注意してください。

ぶっちゃけAmazon Echoを持ってるならcubeは不要

ちなみにAmazonが出しているスマートスピーカー「Amazon Echo」を持っている方は、わざわざCUBEを購入しなくても、同じようなことがechoでできてしまいます。

もちろん設定は必要ですがechoに話しかけるだけでテレビのオン・オフやコンテンツの検索などは簡単にできます。

しかもechoはテレビ横に置く必要もありません。だからechoをお持ちの方はcubeはそこまで必要ないのではと思います。

cubeはこんな方にオススメ!

  • リモコンをよく無くす方(笑)
  • amazon echoを持っていない方
  • ハンズフリーで操作したいって方
  • 未来感をより感じたい方

こんな方にcubeはオススメかなと思います。

ただ現状価格も高いですし、ハンズフリーでどうしても操作がしたいって場合でもない限りFire TV Stick 4Kのほうが価格も安いしオススメですね。

まとめ

私の生活を一変させたガジェット。それがFire Tv Stick。

そういえば我が家は家族みんなが何かしらFire TV Stickを利用しています。

妻はnetflixでテラハやあいのりを見て、私はプライムビデオで毎日のように映画を楽しみ、息子たちはyoutubeでプラレールやおもちゃの紹介動画を食い入るように見ています。

Fire tv stickがきてから地上波番組を見る機会がぐっと減ったのは間違いない。

テレビ欄を確認してテレビの前に集合する時代はもうとっくに終わってるんですね。

アマゾンのプライム会員でないと魅力は半減しますが、テレビでいろいろな動画配信サービスを快適に楽しみたい方はFire TV Stickは本当にオススメです。

当サイト一番のオススメが「Fire TV stick 4K」。

ハンズフリーでテレビの操作などがしたい方や、スマートスピーカーを持ってない方はFire TV Cubeもいいとは思いますがやはり価格がネックですね。

タイトルとURLをコピーしました