国内メディア大手6社、共同で動画配信サービスの新会社

TBSホールディングス、日本経済新聞社、テレビ東京ホールディングス、WOWOW、、電通、博報堂DYメディアパートナーズなど国内メディア大手6社は2017年5月23日、インターネットの動画配信事業で提携すると発表しました。2017年7月に共同出資会社を設立し、ドラマや経済ニュース、スポーツなど特色あるコンテンツをスマートフォン(スマホ)やテレビで見られる定額サービスを2018年4月に開始するとのこと。
現在数多くの動画配信サービスが立ち上がっていますが、市場の拡大と共に映画やドラマ等のコンテンツ配信に留まらず、スポーツのライブ配信など様々なコンテンツの配信が行われるようになっています。新会社の株式比率はTBSホールディングスが31.5%、日経が16.6%、テレビ東京ホールディングスとWOWOWが各14.9%、電通が14.8%、博報堂DYメディアパートナーズが7.3%という割合で、新動画配信サービスですは、TBSテレビが保有する名作・新作ドラマや映画、日経とテレビ東京が持つ経済報道コンテンツ、WOWOWの独自ドラマなど、各社が得意とするコンテンツを持ち寄って配信するとのこと。オリジナル番組や高精細な4K動画も共同制作する方針で、国内外の放送局などからも外部調達し、豊富なコンテンツを用意していくとのことです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です